« 初めまして | トップページ | 研修でございます »

本日は休館日につき

図書館暮らしで最大の難点は休館の日以外はお休みが決まっていないこと。今日は休館日だったので、安心して休んでいました。それなのに・・・。

姪っ子の歯医者に付き添って、待合室で本を読んでいたら携帯の音がします。誰だろう?と思っていたら自分でして、慌てて出たら相手は館長でした。うう、不吉な予感。なんとカウンター周りと事務室が泳げるほどの状態だとか・・・。なんじゃあそりゃあ(松田優作風に)。

とにかく子どもを放っておくわけにはいかないので、実家に連絡を取って子守を頼み、すぐに電話を掛けなおし、30分後には現場に行く旨を報告。ばたばたしながらも、とりあえず自分の家から長靴だけは持ち出して図書館へ。結果、すぐ傍にある支所の職員さんたちの手助けを借りて、水の処理はほぼ終わっていました。(はっ、そういえば長靴履いて現れたあたしを見て館長が笑ったのよ。ひどくなくって。電話では、すごく切羽詰まってた感じだったので、わっざわざ長靴履いてったのにぃ~)

原因は水飲み場(公園とかによくある足で踏んで水を出すのね)の内部の破損。パソコン等の破損はなく、問題は床に設置してあるコンセントの漏電処理。とりあえず明日からの業務に支障はなさそう。ハアァ、そんで済んで良かった。しかし、施設管理をする身って、ほんと、何が起こるかわからないわねぇ~。おちおち昼ビール飲んだりできないわん。

本日のお品書き=まほろばStories

まほろばStories(通常版) Video Games まほろばStories(通常版)

販売元:ディンプル
発売日:2007/07/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ええっと、画像が挿入できればいいなっと思ってアフィリエイト使ってみましたが残念。そうなりませんでした。(後で確認したらちゃんと画像ありました。経験値低くってゴメン)

さて、ゲームの紹介は二つの面について語らねばなりますまい。まず、ゲームとしての出来具合、例えば操作性とかですね。もう一つは物語としての完成度。純粋なパズルゲーム(テトリスとか)でなければ、大体、何かの物語を持っているので。

今回ご紹介するゲームは、バトルの爽快さを求める人には向きません。後、ローディングに時間がかかるのがイヤって言う人も。でもね、例えばこのゲームの中に出てくる物語━『マールワースのかえる騎士』『機械仕掛けのQP』『神犬物語』というタイトルにぐっとくる人はプレイする甲斐があるかもしれません。それから仲良し四人組の声優さんが好きな人とか、ね。例えば坂本真綾さんファンにはお勧めです。

うん、物語の構成が入れ子細工になっていて、かなり凝った構成であることは、読み手の冒険心をそそるし、各章の後のエピソードがけっこう笑えて面白かったんですけどね。テーマも、ジュブナイルノベルとして、グッときますよ。そうですね、本編と絵本3冊セットで売り出したら、買っちゃうかな。・・・これってゲーマー的には誉めてませんね(*_*;

次回作、がんばれ、ってことで。

« 初めまして | トップページ | 研修でございます »

ゲーム」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ