« ヒビ? | トップページ | 本日のお品書き番外編 a-part »

年の終わりに&愛の力

Hana  いよいよ今年も終わりに近づきました。以前は、ただ連続した年月が過ぎていくだけで、年末だから大掃除しなくても、とか、なんで実家にみんなで集まんなきゃいけないのか、などと斜に構えていたものです。それが、年をとったせいか、何気ない日々が、とても大切に思えるようになりました。

 今日は全国的にいい天気で、そのせいか、いきなり上司が本館からやってきて雨どいの掃除をする、と言い出しました。確かに、大雨が降ったときに雨どいが溢れてたという報告はしましたが、いきなり今日かい? とはいえ、あたしは非力で、3メートル近い脚立を運ぶのはかなり大変なので、上司の協力はありがたいのでした。脚立をかけて屋根に上がって、雨どいをおっかなびっくり掃除します。雨どいを覗き込むのが、かなり怖いです。下を見ると、掃除のオバちゃんがいて、二人で顔を見合わせてゲラゲラ笑いました。上司はここの図書館の設計から携わっていて、だから高所恐怖症を押して屋根に上がるのだ、とぼやきます。あたしは、自分らとび職でもなんでもないですからね、と相槌を打ちます。

 無事、掃除が終わり、上司は一服した後、本館に帰りました。その後です。なんと副市長一行が、市内のコミュニティセンターの観察(視察?)に来たのです。うはぁ~、もう少し早かったら、屋根からこんにちは、でした。ううむ、それにしても合併後、色々な分野で規模縮小するからなんでしょうが、実際にコミュニティーセンターをちゃんと見て歩くだけ、うちの副市長さんは偉いです。体は丈夫な方ではないのですがね。

 さて、このブログも4ヶ月ばかり続けてきました。アクセス解析でみると、600件を超える方が訪問してくださったようです。検索ワードのトップは園崎未恵さんで、二番目が図書館、三番目が松谷彼哉さんでした。まあ、この辺りはお気に召したかどうかはさておき、納得なのですが、ラシャ紙とかティラポンとか、まず間違いなくお役に立てなかったと思う検索ワードを見ると、申し訳ない気持ちで一杯です。インターネットの暗黒面ですね。どうぞご容赦ください。

本日のお品書き=サクラ大戦Ⅴ~さらば、愛しき人よ~

サクラ大戦Review In Little Lip Theater II Music サクラ大戦Review In Little Lip Theater II

アーティスト:ビデオ・サントラ,内田直哉,松谷彼哉,皆川純子,小林沙苗,園崎未恵,齋藤彩夏,笠原留美,麻生かほ里,菅沼久義,本名陽子
販売元:WAVE MASTER
発売日:2007/06/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 えっと、ホントはゲームのほうの紹介をしたかったのですが、イメージ映像がいいのがなかったので、こちらを使わせていただきます。

 自分でも、なぜこんなに「サクラ大戦Ⅴ」というゲームが好きになったのか、よくわかりません。もちろん、仲間との一体感とか、バカみたいな一生懸命さとか、そういう好きになる要素はあるけど、それはⅤより前の作品にも共通してるんですよね。でも、CD買ったり、DVD買ったりした挙句、武道館ライブやレビュウショウを見に行ったりするくらいにほれ込んだのは、紐育星組の魅力ゆえ、としかいいようがありません。

 ゲームとしては、ファミ通の金の殿堂入りしたくらいなので、申し分ない出来だと思うのですが、今一つ評判は良くなかったようです。あたしが思うに主人公の性格の違いが反感買っちゃったかな、と。「俺について来い」な大神さんと、「みんなに支えられてこそのぼく」な大河くんですからね。う~ん、好き好きとしかいいようがないのですが、あたしとしては、周りから助けられていることを知っていて、またそのありがたみを認識している大河くんのが好きですね。もちろん、周りに愛されまくりな主人公、にも弱い、もんで。

 何はともあれ、あたしにとって「サクラ大戦Ⅴ」というゲームは、一歩前にでる勇気をくれたかけがえのない作品です。考えてみれば、このブログを始めることが出来たのも、この作品がくれた勇気のおかげです。明日は、この夏にあったレビュウショウ「踊る♪大紐育2」の発売です。もちろん予約してます。というわけで、明日から年明けの何日間かは紐育星組さんのレビュウショウのレビューを「本日のお品書き・番外編」として掲載する予定です。お目汚しかもしれませんが、興味のある方はどうぞよろしく。

 それでは、皆様、良い年を迎えられますように。

 

 

私信です。 

mayさん、年内の番外編は以前、同人誌に載せたヤツです。始めと終わりがちょっと変えてあるだけです。いやぁ、堅気の同人誌に載せるもんではなかったですね。申し訳ありませんでした。一歩前に出る勇気をもらったのはいいのですが、たまに一歩出すぎて、痛い目にあうこともありました。というか、迷惑をおかけしました。年明けに載せるのは、子供連れで夏に見に行ったのがDVDになったので、それを見ながら書く予定です。書けるか?あたし、って感じですが。まあ、今泉くんなら大丈夫でしょう。孝行息子ですから。それでは、また。

« ヒビ? | トップページ | 本日のお品書き番外編 a-part »

ゲーム」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ