« 思わず笑ってしまった | トップページ | どうしたものやら »

ツボにはまる

 このところ、なんかツボにはまってしまって笑い転げる番組が多いです。

 最近はまったのは「爆笑レッドシアター」。自分が、事前に練りこんであるコントが好きなのを再確認しました。これはやはりドリフ世代? ということでしょうか(ヤバイ、年がばれる)。

 たまたまテレビをつけっぱなしにしていたら、うっちゃんが出てまして、なんだろう、と思って見ていたら、そのまま爆笑しっぱなし。シチュエーションが土手だとかカフェ、部屋という具合に設定してあって、そこで芸人さんが一人または数人でコントを繰り広げるのがね、めちゃくちゃ笑えて。ちなみに一番のお気に入りは十文字でしょうか。かなりクセのあるキャラをさせると面白いのよね。ただ問題は、あたくし、個々の芸人さんのお名前が一致しないことでしょうか。・・・えっと、この人はイケメン部の部長さんだけど、お名前は何だったかしら、みたいな。あ、でもいいか、面白ければ、というノリになっています。まったく失礼なことであります。

 それから友達が面白いよ、と教えてくれた「世界の果てまでイッテQ!」。まだ1回しか見ていないのです。それがたまたま24時間テレビのマラソンランナーに決定した珍獣イモト・・・もとい珍獣ハンターのイモトさんの特集でした。すごいですよ、キリマンジャロ登頂プロジェクトは。何せガイドチームのリーダーが体調不良でダウン。最後のアタックは厳選されたメンバーで登るといいながら、ディレクターさんたちもダウン。日本スタッフとしてはイモトさんとカメラマンの二人。そんなにがんばっている人たちを見て笑うというのはどうかと思うのですが、クライマーズハイがうつったからか、ものすごく笑ってしまいました。でも、その分、登頂成功した時は目頭が熱くなりましたよ。これから日曜の夜は楽しみだぞ。

 そして本命。ウェブラジオ「狼虎滅却サクラジヲ~こちら甲板通信局」。ご存じ(?)ゲーム「サクラ大戦」の隊長コンビによるインターネットで展開されるラジオ番組。27日で通算3回目(初回は予告編=0回なので)。いや、なんかこの0回目は、本当にどうなることやら、と笑いながら思っていたのですが、なんかグダグダのまま、そのグダグダさが気持ちよくなってきたから、きっと大丈夫なのですな。そして役の上ではヒーローらしいヒーローの大神さん役の陶山さんが弱腰で、みんなに助けられてがんばっている大河役の菅沼さんが仕切りまくっているのが可笑しいというか、これはこれでハマります。それにしても悩み解決コーナーって、全然解決してないですよ。解決してないけど、悩まなくてもいいか、という気にはなるかも。ま、ファンとしては自分の手紙を読んでもらえるだけでも嬉しいからいいのか。木曜日のお楽しみです。

« 思わず笑ってしまった | トップページ | どうしたものやら »

映画・テレビ」カテゴリの記事

サクラ大戦」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ