« よくばりパスタ | トップページ | あんまり正しくない映画鑑賞 »

やはり目が疲れる

 最近、本当に目が疲れるので、長時間テレビを見るのが辛いです。なので映画とか録画しているのですが、なかなか見られません。

 こういうことは、どうしても年を重ねると(こう書くと、どんだけ年寄りなんだ、自分?って気がする。まだ、働き盛りのはずだが)起きてきます。そのせいかなぁ、と、毎度、「今週はお休みします。」の文字を切なく見てしまう「週刊大極宮」。宮部みゆきさん、お仕事でパソコン使うし、他にも色々多忙でしょうし、ゲームしている時間も体力もないですよね。実際、「ゲーム女の生きる道」にお休みが出だしたころから、自分自身、本当にゲームしなくなりましたから。

 ゲームしなくなった理由は、目が疲れる、仕事が忙しいだけではなく、ハード戦争に付き合うのにくたびれたっていうのもあります。PS3もWiiも、欲しかったけど、どっち買っていいのかわかりませんでした。どっちもっていうのは、そこまでゲームばかりしているわけにもいかないので自分的には論外でしたし。基本、自分がやりたいソフトが出た方を買いたかったんですけど、そういうキラーソフトがなかったんですよねぇ。「ファイナルファンタジー」は、自分の不得手なCGの登場人物が、あたかも映画のように動くのが当たり前になったので、残念ながらキラーソフトになりえず、「ドラゴンクエスト」はDSで新作だったし。

 で、そうこうする内に、また新しいハードが出てもおかしくないくらいの年数が経過した気がします。今のところ、噂には聞きませんが、出てもおかしくない。それこそ3D対応とか。うう、老ゲーマーは消えゆくのみですかね?

本日のお品書き

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- スタンダード・エディション [DVD] DVD レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- スタンダード・エディション [DVD]

販売元:エイベックス・マーケティング
発売日:2009/08/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 そうなんです。前ふり長かったんですが、結局、この長い映画を、ようやく、本当にようやく見終わることができたと言いたかったんですね。

 世界史大好きだったんですが、三国志も読んだ気がするのですが、戦いの経過って忘れていました。それに、やっぱり映画で見ると違いますね。細かな人間関係(デブスケとゴクツブシには泣かされた)や、やはり人の動きの美しさっていうのがね。

 見ている途中、あまりの長さに休憩してホットケーキ焼いて食べたりしてしまいました。それは映画が面白くないわけではなく、休憩しないことには体が持たないくらい集中力を使ってしまったからです。

 Ⅰは決戦前なので、それぞれの人物の活躍ぶりとか、友情をはぐくむ様子、夫婦愛など、比較的静かな流れだったのですが、Ⅱは怒涛でした。特に後半。

 映画そのものは面白かったんですけど、やっぱり戦争は嫌だなと思いましたよ。なんか小学生の作文みたいなこと書いてますけど、しみじみ。だって、腹いっぱい食べたい、家族にも腹いっぱい食べさせたい。そんな気持ちで人を殺すのが仕事の兵隊になっている人間がほとんどでしょう。上層部の人間は、その戦争の目的がはっきりしていて、それゆえに戦っているのと違いますから。ご飯のために殺したり、殺されたりする人間が大勢いる世の中は嫌ですよ。もちろん、今現在、世界のどこかで戦争は起こっていて、殺し合いもあるのだと知っていても。こんな甘い事を言えるのは、自分が恵まれた立場にあるからだってことも承知していて、それでも嫌だと言い続けたい。なんでだか、そういう思いを強く抱かせた映画でした。

« よくばりパスタ | トップページ | あんまり正しくない映画鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ