« 巻いてます | トップページ | 関係あるのかな »

はまってしまった

 このところ発言小町のトピックを読むのにはまってしまい、思わぬ時間を使っています。ううむ、世の中にはいろんな人、いろんな悩みがあるのだな。

 特に読んでいて、普段、なかなか知ることのできない人様の年収とか、お金の使い方、貯金額などがバンバン出てきて、自分ももっと貯金しないと駄目かしら()などと思いました。しかし、そういうトピックの方の年収って1000万円超えとかで、参考にするには差がありすぎという気もしますけど。

 他にも、色々、そんな人、本当にいるの? なトピック満載で、世間知らずな自分発見というところです。よく職場の愚痴をこぼす人に、発言小町で、こういうトピックがあって、という話をしたら、とても驚いて、おかげで本人の愚痴がストップしました。うんうん、ある程度は吐きだすのは大切だけど、あまり出し過ぎると、今度は勢いづいて、余計に相手を悪く思ってしまうこともあるからね。

 ということで、役に立つ面もありますが、正直、時間使い過ぎと反省。ある意味、ネット依存じゃないかと心配になったりして・・・。何事も、ほどほどにしないとね。

本日のお品書き

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 [DVD] DVD ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 [DVD]

販売元:ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
発売日:2009/11/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 リアルタイムでテレビ放映していたのを見ましたが、正直、CMがうっとおしくて辛かった・・・。録画している時は、CM飛ばしながら、あるいはCMのタイミングで他の用事をしたりしていたのですが、リアルタイムだと、もちろん飛ばせないし、他の用事をしている間に本編始まるとまずいので、結局、大人しくテレビの前に座っていないといけないという・・・。もちろんCMのおかげでテレビで見られるわけですが、なかなか便利になれた人間というのは、わがままになるものです。

 さてさて、映画そのものですが、あいかわらず映像は美しかったです。特に四人がナルニアに戻ってきた時の海と空、白い砂浜。思わず、自分も行きたいなぁと思ってしまうくらい。

 それから、ケア・パラベルという言葉を聞いた時に、懐かしい、と思った自分に驚きました。原作は、図書館で働くようになってから、読んどかなきゃいけない児童書ということで、大人になってから一度読んだだけなので、細かく覚えていなかったのですが、やはり印象が深かったんですねぇ。

 その程度しか覚えていないので、偉そうなことは描けないのですが、やはり原作と映画、あるいは文字と視覚資料では、同じシーンでもイメージが随分違う感じがしました。一番気になるのは、映画の戦闘シーンで残酷感がつきまとうというところでしょうか。映画は、やはり血しぶきしたり、傷口がリアルに見えたりしますから。良い悪いではないですが、まあ、できれば原作を読んでから映画を見てほしいかなぁ。特に、子どもさんには。

 個人的見どころは、やっぱりネズミのリーピチープが。めっちゃ可愛かったです。それから松露とりの声がチョーさんなのがツボ(あ、これは見どころじゃなくて聴きどころですね)にはまりました。う~ん、あたくし的には、やはり吹き替えが良いようです。

 

« 巻いてます | トップページ | 関係あるのかな »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ