« アルコール消毒 | トップページ | 初マッコリ »

体に良いご飯

 久しぶりに友人と映画を見に行きました。予定より上映時間が早まっていたので、急ぎ目のお昼ご飯。

 初めて入る和食のお店でしたが、どれも美味しそう。でも、体が弱っているので、ガッツリ系ではなく、エビの塩スープ野菜たっぷりにしました。そして、やっぱり食後の甘いものがほしいよね、と甘味をチョイス。普段、あまり食べる機会のないわらび餅にしました。

 時間がなかったので、食後ではなく一緒に甘味を持ってきてもらうようにお願いしたら、なんと食事より先に甘味が来てしまいました。ううむ、アイスが溶けちゃうし、時間もないので、食事の前に甘いものを食べてしまいました。満腹中枢が刺激されて、肝心のご飯が食べられないかも、という心配は、全くの杞憂に終わりました。

 塩スープは生の水菜がたっぷりのっていました。よく鍋に入っている水菜は、煮込まれて筋っぽくなってしまいますが、こちらはふんわりと仕上がって美味しくいただけました。大根やキノコなど、体に良さそうなお昼ごはんでした。

本日のお品書き=英国王のスピーチ

 ということで、今回見たのはアカデミー賞受賞で話題のこちらの作品でした。

 田舎は情報も公開も遅くて、見られるようになったのは、世間で定評が行きわたってからとなりました。あんまり情報が多くても興ざめなこともありますが、基本的に史実に基づいた写実的な映画でしたので、そこのところはあまり問題はなかったように思います。

 感想ですが、イギリスらしいかっちりとした作品に仕上がっていました。派手なアクションやアップダウンのあるエピソードとは無縁でありながら、心の起伏は伝わってきます。アルバート王子からジョージ6世となる葛藤や、言語聴覚士ローグとの間で紆余曲折の末に結ばれた友情は、握りしめた手と手の体温が伝わるようにじんわりと。

 非常に世の中のことを単純に理解してしているところがあるもので、王族の方々がスピーチするっていっても優秀なブレーンが原稿を書いて、きっちり指導を受けているからできて当然だと思っていました。そうじゃないんだな。当たり前だけれど王族であればこその苦労があり、当たり前だけれど大きなイベントの前では激しく緊張もするのですよね。

 内容も素晴らしかったのですが、特に好きなのはヨーク公の奥様。身分はとても高い方なのに、偉ぶるところなく、夫や子どもたちへの愛情の深さが伝わってきます。チャーミングな方でした。現エリザベス女王は、こういうすばらしい環境で育ったのだと感じました。

 まだ見られていない方は、ぜひ。

 

« アルコール消毒 | トップページ | 初マッコリ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ