« ゲームの功罪 | トップページ | ボケボケ3 »

ひたひたと

 近づいてきました。ひたひたと、静かにインフルエンザの足音が・・・。身内が発症しましたので、かなり危ないです、自分。

 予防接種はしましたが、2週間前なので効果が十分発揮できないかも、なのです。今のところ、特に関節も痛くないし、熱っぽくもないですが、潜伏期間というものがありますからね。一応、スポーツドリンクとレトルトのお粥、冷凍のうどんなど、発症しても大丈夫なように買いものだけはしておきました。・・・ら、普通のご飯の買いもの忘れてしまいました。

 ひたひたと近づいているのは、インフルエンザだけじゃないみたい、です。

本日のお品書き=「L change the World」

 「Death Note」のスピンオフ作品です。本編見てないんですが、大体、内容は知っているので気にせずに見ました。だって、テレビでやってたんだもん。

 えっと、某密林ネットのレビューでは評価が低いですね。自分は「Death Note」見ていないのが幸いしたのか、そんなにひどくは思わなかったんですがね。いや、悪役については、もっと何とかしてくれぇって思いましたが。それとFBI捜査官役で出演した人の演技力の無さには呆然としましたが。大概、お笑いの人って、ビックリするくらい演技上手かったりするんですけど、このキャスティングには泣けた・・・。

 ということで、何とか持ち上げたいと思うのですが、すっごくここが良かったっていうのが言えないのが辛い。うん、普通に見ていたら、それなりに興味がもてて、途中で嫌になることはなかったんです。というか、おひょいさんが目当てだったのに、最初の方で出番が終わってしまいました。だから、後は松山ケンイチさん頑張れって感じになってました。

 あ~、思い出すと、結構、問題点(ウイルス兵器をそんなにお手軽に扱っちゃ駄目よ、とか)ばかりになってしまう。待て待て、それだけじゃないぞ。個人的には、Lと子どもたちとのやり取りが好きでした。非凡な天才ゆえに奇行と思える行動を取るLが、困りましたね、と言いながら、子どもたちと触れ合おうとする姿とか、良かったです。

 それと、これは賛否ありますが、頭脳派のLが自転車に乗ったり(それだけなのに、すごいアクションシーンみたいだ)、必死で飛行機に乗り移ろうとしたりするのは、自分には一生懸命さが伝わってきて、これも○でした。

 な、なんとか褒めた、のかな? 一応、面白く見たのだけは、間違いないので。

 

« ゲームの功罪 | トップページ | ボケボケ3 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ