« ようやく落ち着いた | トップページ | 盛り上がった »

感動した!

 2、3月は、なぜか買いたいマンガのラッシュで、一体、何冊買ったのか・・・。そして借りたりしたのもあるので、読んだ冊数もかなりになっています。暇なのか、暇だったのか、あたし?

 うんにゃ。マンガを読むスピードが異常に速いだけです。約束の時間まで30分あればコミックス1冊は読めますね。もっとも、それが人と比べて早いかどうかはわかりませんが。でも、単純計算すれば、2時間あれば4冊読めるということで、これが普通の小説だと1冊しか読めません。そうすると一日30分の空き時間は容易に作れるけど、とぎれとぎれでも2時間は作りにくいのですから、マンガをたくさん読んでるから、つまり暇というわけではなく・・・。ん?何を言い訳しているのだ、あたしは。

 とにかく、このところ立て続けに買いまくってます。そして、これが書きたかった、その1。「銀の匙」マンガ大賞受賞おめでとうございます!良かった。ずらっと並んだ作品見て、わかるのが少なくて、もうこれは「銀の匙」に受賞してもらいたいと祈ってましたよ。良かった、良かった。非常に上質の青春マンガですからね。あ、農業マンガでもある。

 そして、これが書きたかった、その2。「3月のライオン⑦」。作品スタート時、こんな暗い話を描かれるなんて、一体、羽海野さんに何が!?と心配したくらいですが、もう、この巻では奥深さ絶好調です。もちろん、甘いものの後に辛いもの食べると、また甘いもの、そして辛いものが食べたくなり、という恐怖の食の連鎖など、じんわり笑えるエピソードもありました。でも、いじめ問題の真の怖さとそこからの脱却とか、将棋の世界つまり勝負の世界の厳しさがじわじわと迫ってきました。あ~、なんか泣ける。零くんの周りの質のいい人たち(というと、あまり言葉が良くない)が、ちゃんと彼を助けてくれて、後戻りもあるけど進んでいっているのが嬉しいのです。

 なんか本当に、マンガ好きで良かった。いつまでも、こんな素晴らしい世界があってくれますように。

« ようやく落ち着いた | トップページ | 盛り上がった »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。「3月のライオン」最新刊良かったですねぇ。1巻のアナウンスにあった「なにかを取り戻していく物語」というのがじわじわと見えて来ました。ギョロ目の山崎氏の将棋と鳩のエピソードなんかもぐっと来ました。

図書館関係者も見ておりますですよ。とりあえず来年度も「同じ職種」ということで、めでたいです。

はい、もう感動の嵐です。これからの展開は将棋の雪山登山のような雰囲気ですが、続きを読める日が待ち遠しいです。
とにかく、これからの一年間は儲けものだと思って、やりたいことをやるつもりです。また、相談に乗ってやってください。

この記事へのコメントは終了しました。

« ようやく落ち着いた | トップページ | 盛り上がった »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ