« かわゆい、かわゆいノコさんは・・・ | トップページ | い、痛ぁ~い »

風呂はいいねぇ

 友人と映画を見に行ってきました。友人、内容を全然知らないのに、快く付き合ってくれました。いつも、ありがとう

 さて、その映画は「テルマエ・ロマエ」。簡単に言うと、古代ローマの浴場技師が現代日本にタイムスリップして、新しい技術を知り、それを元の時代に戻って活用するというSF的コメディーマンガを原作にした映画です。

 しかし、主人公はローマ、つまり顔立ちくっきりの人。しかも、彼が日本に来て、日本人の外観を評していわく「平たい顔族」。それなのに日本人主演の映画にしてもいいんだろうか。というか、できるんだろうか。それは、全く無問題なのでした。すごいぞ、阿部寛。エキストラのローマ人たちと混じって違和感なし。市村正親、北村一輝、宍戸開。みんな素晴らしい濃い顔揃い。この時点で、感動しました。

 映画は、もう見てのお楽しみです。原作は、基本、一話完結だったので、これを上手につなげて、なおかつ起承転結でドラマティックに仕上げるために、上戸彩さん扮するヒロインが良い感じで活躍していました。祖父とバンク(本当はソフトバンク)のCMのイメージが強かったのですが、きれいな女優さんですねぇ。雨に濡れているシーンは色っぽかったです。そして平たい顔族のおじいさん連中が、これまたいい味出してます。いやぁ、楽しいなぁ。

 館内では上映中、押し殺した笑い声が終始聞こえ、見終わった後、顔の筋肉が痛くなるほど、表情筋が刺激されました。このところ毎日、つまらないって人は見るべし。謹厳実直の突っ張りぶりを堪能されたし。

Termae

 こちらは入館者全員プレゼントされた特別編。主演者のインタビューあり、原作者のコメントあり、特別マンガあり。盛りだくさんで楽しいですぞ。

« かわゆい、かわゆいノコさんは・・・ | トップページ | い、痛ぁ~い »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ