« どれ位が普通? | トップページ | 待ちきれなくて »

郷土料理レファレンスは難しい・・・

 タイトル通りです。郷土関係のレファレンスは難題が多いのですが、郷土料理関係は難しいのです。

 なぜなら自分も食べたことがある、作り方は親の世代(恥ずかしながら、自分で作ったことはありません)なら知っている。でも資料は見当たらない。一般的に知られていないようなことであれば、探すのに苦労するのも納得なのですが、物としてはよく知っているのに、資料が見つからないのは報われない度がはなはだしいのです。

 インターネットも駆使して作っているお店を見つけ出し電話をしたら、すでに廃業してしまい、詳しい事を知っている方はおられないとのことでした・・・()。他にも、料理講座を開いている文化会館のような施設にも電話したけど、郷土料理の講座は開催したことないそうです。

 うう。探しに探して、なんとはるか離れた県で同じような郷土料理があることを発見しました。発見したけど、でも、根本的な解決にはなりません。う~~~ん。回答期限があるので、満足いく資料が用意できそうにないです。お願いだ、昔の若妻会(地方にはそういう会があった)の料理の記録にあってくれ。いや、ないんですけどね、もう調べてます。その当時のハイカラな料理を作っておられて、郷土料理的なものは意外に少ないのでした。

 だいぶ頭が煮えましたが、も少し、がんばろう。

本日のお品書き=「プリンセス・トヨトミ」

 映画の方です。ミラクル綾瀬はるかさんがきれいで大食漢でした。

 原作の父と子の絆の強さを改めて感じました。割と展開が早かったですね、映画は。原作は、かなり書きこまれていて、ボリューミーでした。

 さて、本筋とは関係なく、大阪に行ってみたくなりました。いやぁ、鉄板にあふれるほどのお好み焼きにかかるマヨネーズビーム。ジュウジュウという焼ける音ともに香ばしいソースのにおいもするようで、思わず唾をごくり。そして大阪城を見ながら食べるソフトクリームの美味しそうなこと。あたしにも一口。

 そう、大阪の美味いものが大阪へおいでと呼んでいるのです。これは大阪観光映画に指定されるべきではないでしょうか(勝手に宣言)。楽しい映画でした。

« どれ位が普通? | トップページ | 待ちきれなくて »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ